メリット案内(個人事業向け)

個人事業の経理は、freee自動経理ソフトを使うと、極めて「経理負担が軽く」済みます。
更に、弊社の「決算検査」サービスで、経理は安心です。

freee自動経理でMAX貢献できる顧問税理士とは?
御社にとってMAX貢献を見込める税理士とは?

 freee自動経理をお使いのお客様には、認定アドバイザーからと云うことで、
既に、多くの方に、ご挨拶をさせて戴きました。ありがとうございました。

 その後、自動経理の運用は、如何でしょうか?
 今日は、冒頭のとおり、大きなメリットが期待できる、次の論点をご案内させて
戴きます。お電話をお待ちしております。フリーダイヤル0120—01-6066(窓口担当はた山本努です)。
 

 ※  なお「会社化」については、役に立つ、http://法人成り.tokyo/
  ご参照ください。
   「法人か、個人か?」判断分岐点は、年間利益420万円(月@35万円)です。

1 経理コスト(個人事業)
  年間で4万円(税込)にて、ご利用戴けます。
  ※ 年商5千万円まで
  ※ 消費税申告が必要になる場合は、
    別途、年2万円(外税)が追加になります。
    詳細は、http://自動経理.com/

2.サービス内容は、
  ① 返金保証
    報酬は全て前金制を採っておりますが、
   次の場合は、製品保証(サービス保証)として、戴いた報酬を全額を返金し
   ます(代表者税理士堂上孝生)。

    ㋑ 弊社の技能及び能力の欠如
      お客様の決算申告の節税提案や融資対応の知識や誠意が足りないと、
     お客様が感じるとき

    ㋺ 接客態度
      お客様に対する弊社のサービス態度が悪く、お客様にとって
     我慢ならないとき

    備考: 
    お客様との信頼関係を基にサービスをさせて戴いておりますので、
    分別のある経営者としての常識(公序良俗・信義則)の範囲でお願い
    できれば有難く存じます(代表者税理士堂上孝生)。

  ② 経理検査
    freee自動経理アプリに拠る『仕訳間違い』の検査

  ③ 決算監査
    異常値監査と云う簡易手法ですが、
   決算監査をし、報告書(日税連版の所謂『チェックリスト』)
   を社長に提出します。

  ④ 会計ソフトの料金値引き
    もし、freee社製の自動経理アプリ搭載の
   「クラウド会計ソフト」をお使い戴いたら、決算が済んだ時点で、
   年間利用料9,800円(外税)のうち、毎年1万円を返金させて戴きます。

    具体的には、次の期の決算申告料を前払いでお支払い戴く限りにおいて、
   その料金を1万円差引値引きする方法です。
 
    結果的には、2年目以降は、年間4万円が、毎年3万円になるという
   イメージです。

  ⑤ 会計ソフトの運用指導
    freeeという会計ソフトをお申込み戴きましたら、
   その運営指導について、無料でご理解戴けるまで、無料でご支援させて
   いただきます。

  ⑥ 税務調査
  
    イ)立会の手法
      税務調査立会は、お客様が行い、当社税理士は
      税理士事務所にて待機し、お客様に調査官の質問で、
      回答が難いときは、当税理士がお客さまに代わって
      回答する所謂「電話による立会」をしたいと思います。

    ロ)「電話による立会」は無料
      この方法による立会報酬は、無料とします。
        ※ 物理的に調査現場で立ち会うと、
         一回・一日当り請求することになる8万円
         (源泉税及び消費税別途の「手取り」)を
         請求することになります。

  ⑦ 税務署への届出書類
    税務署届出書類一式は、弊社で作成して、無料にて
   提出代行をします。
    既に届出た事業開始等届出書がありましたら、
   ダブりますので、ファックスかメールで弊社まで、写しを
   ご提出下さい。

  ⑧ 節税対策アドバイス
    税金の節税、社会保険の節約等が必要になったら、
   ご指導させて戴きます。
    その節は、メール等で、近未来の利益水準等をご報告戴きます。
    備考:
    詳細内容は、http://自動経理.com/をご参照ください。



3 サービス購入のお申込み
  お手続きにつきましては、
  返金保証を含む約款契約書をお客様にメール送達させて戴きますので、
 ご納得戴けたら、契約書の受諾メールをご送信戴きます。

 ◆ 契約成立には、
  同時に、そのご送信メールを、
     ✔ 当社にファックス戴くこと、
     ✔ 及びご入金戴くことにより、契約成立とします。

 ◆ 手続きの目的
   ㋑合法的な契約の成立
   ㋺手続き費用の節約

   備考:
   継続契約に掛かる印紙代4000円を、この手続きにより、
   お互いに節約しようとするものです。


  20166月3日
  アアクス堂上税理士事務所(どうがみ)
  代表者税理士 堂上孝生(どうがみたかお)
  Tel.03-5548-6007
          (窓口担当は山本努です)
  Fax:03-5548-6008
  e-mail: dogami@taxes.jp
  ご参照ウェブ: http://自動経理.com/